豊作くん


番外7. 草ヒロ化計画で実家の空き地に移動したST150・・・
2007年10月下旬、4ヶ月ぶりにボデーカバーを外してエンジンをかけてみました。


※画像クリックで拡大します。
「お久しぶり〜」

4ヶ月ぶりです。
しかし前日が雨だったせいか、中は蒸れむれ・・(´・ω・`)
ボデーカバーが保湿効果を持ってしまったようです。
かけない方がいいのかも・・
「バッテリーは終了してた」

それ自体は予測の範囲でしたが、まさか愛知から持っていったバッテリーも終了しているとは・・(汗)

仕方ないので、RT40からジャンプします。
でもセルモーターに元気なし。
・・原因は分かっています。ジャンプコードがボロいのです。
2tトラックまでOKというのを信じて買った私が馬鹿でした。
安いのはダメですな。
「新品バッテリー登場」

仕方ないので、近くのホームセンターで調達してきました。
その名も「豊作くん」(笑)
どうも農機具用のバッテリーらしいです。
新神戸電気製で、6980円。・・やや高い。
でも、シーズン以外は眠っている農機具用ということで、保管車両にピッタリではないかとチョイスしました。

実は数年前にホームセンター○メリで発見して以来、仲間内で「買え買え」と煽りあっていたのです(笑)
まさか私が買うとは・・(汗)
「あーっ、これは!」

このタイプの補水用キャップは、最近ありませんね。。

もしかして、100系や130系のOKモニターのセンサーがはまるんでない??
最近は対応バッテリーがなく、センサーを殺している車両が多いですが、このバッテリーなら生かせるかも!!
誰か試してください。私は手放しちゃったので無理です・・
「夜になっちゃった・・」

シリンダ内壁のオイルがなくなっていると予想されるため、始動させる前に点火プラグの穴からCRC5-56を吹き込み少しづつクランキング。。
適当なところまでやって、エンジンを掛けました。
あぁ、1Sのサウンドは何でこんなに懐かしくて官能的なんだろう!!(自己満足)

なんか、実家で放置プレイにしてるし、カバーの中は蒸れむれだし、、
車によくない気がするので、愛知の牧場へ戻すことにしました。富山は雪も降りますしね。

ST150コロナは、私の幼き日の思い出。
一生手放せそうにありません。(^^)
公道で走らせたいぜ!

戻る