ST150 エンジン/ミッションマウント交換・調整



前回から、ヘッダ(一番上の画像)が変わりました。
新幹線が走っています。
ここは東海道新幹線の全編成が一枚に撮影でき、撮り鉄といわれる鉄道写真愛好家に人気のスポットです。
毎週末になると、カメラを構えたマニアさん達が来ています。
周りの草は稲なんですが、お盆に撮ったのでまだ緑色です。
稲刈りシーズンが近付いたら撮り直そうかな・・わからんけど。



さて。
加速時、前後にガッコンガッコン揺れてシェイクされるので直しました。
加速するシーンってのは、実は思ったより多いです。
最初はアクセルワークで誤魔化そうとしたのですが、そもそも加速も減速も
特別意識しないでやることなので根本的にムリ。
乗ってて本当に体調悪くなるので直しました。

製廃なのでebayを使ってオーストラリアから取り寄せた・・が??。

「エンジン/ミッションマウント」

トヨタ式の正式名称は
「エンジンマウンティングインシュレーター」
というそうです。
手前(フロント用)は、昔買っておいた純正品です。
これを買った数年前の時点で、残りの3つは製廃でした。

左右のは、左右用(笑)、奥のは後用ですが誤品だったので今回は使用しません。
ただし、流用装着の準備はしてあるのでそのうち公開します。
「フロント用・純正品番」

何かの役に立ちそうなので、掲載しておきます。
「うぃ〜〜〜〜ん」

自動車修理工場御用達。ビシャモンのリフトで上げます。

ちなみにこの会社、割と近場の企業なのでネタの撮影に成功しました。
写真を一番下に貼っておきます。
「アンダーカバーを外しまして」

丸で囲んだフタを外します。
樹脂製なので、弾力でたわんでカポッと外れます。
「この4本を外す」

手前(写真上)の2本は、センターメンバーを車体に吊っているボルトです。
カバーの裏から現れた奥の2本は、メンバーにエンジンマウントを固定しているボルトです。
「いきなり全部外れてますが」

一気に外さずに、全部緩めて宙吊りにしながら外していくと良さそうです。
「これがフロント用」

前マウントです。
「貫通ボルトを抜くと・・」

めでたく外れるわけです。
「続いて後ろ」

写真なし 「おい違うじゃん」

先ほど書いた通り、車体に付いていた物とオーストラリアから来た部品が違いました。
・・ので今回は使いませんが、流用装着の見通しは立っているのでそのうち公開します。

と、いうことで。
後ろマウントは引き続き旧品を使用することになりました。
当然、振動は収まりません(笑)

でも、ちょっとの工夫で解決できたんです。これが。

「これが後ろマウントの取り付いた状態です」

本来は3本のボルトを一緒に締めていくんでしょうが、今回は違います。
最初に貫通ボルトを締めます。
「回してずらす」

脱着でズレると多少良くなることがあると聞いたので、試しに大きくずらしてみました。

これがまたどうして!効果てきめんでした。
同様の症状の方は交換される前に、騙されたと思って試して下さい。

※オートマチック車の場合、マウント形状が違うためこの方法は使えません。

ということで、やってるうちに解決してしまったのですよ(笑)

ここでお気付きですか?
今回、4つのうち1つしか交換していません。
1つは、ねじって付けたら解決しちゃいました。
残り2つの(左右の)マウントに至っては、手も付けてません。
だって振動なくなったから。
でも、替える日は必ず来ます。そのために取っておきます。






戻る