オイル漏れてます!

ヘッドカバーの上の方から、オイルが漏れてるんです。
ヘッドカバー上部の凹部に溜まり、あふれ、カバー下端の凹部に溜まり、あふれ、
ヘッド〜ブロックと伝ってミッションケースを汚して地面に至ってました。
こんなんでよく車検通ったもんだな・・と。
名古屋の陸運は一体どこを見ているのか。優しいのかザルなのか、よ〜ワカラン!?

「カバー取付けボルトのパッキン」

上が古い物で、下が新品。
右2つが上面で、左2つが下面。

写真では分かりづらいですが、古い方は結構ボロボロです。
部品の造り自体も、古い方は上側が金属なのに対し新品はゴムのみとなっています。
「フィラーキャップのパッキン」

これもカチカチに硬化してたので交換します。この部品、自動車用部品のルートではもう打ち切りです。秘密は、ラベルをよーく見てください(^^)
何故か奈良県で発注してますが、そこじゃありません(笑)
旧品とは内径が違いましたがそのまま付きます。
「ジーッと観察してみる」

写真左側のボルト下の凹みにオイルが溜まるんです。
このヘッドカバー、前オーナーの時にナットの締め込み過ぎでカバーが変形しとるんよね。。
んー!?よく見たらフィラーキャップパッキンの当たる部分も凹んでいるではないか!犯人はお前かっ!
さーて、どう直そうかなぁ。思案してます

エアクリケースを外したついでに、スローの調整も行いました。
ちょっと開き気味にしたところ、アイドル回転数が若干上昇して不快な振動が激減しました。
発進もしやすくなりました。
先日実施した点火時期調整とともに効果を上げ、低速トルクもりもりです。
どのくらいかというと、サードで15km/hからノッキングしないで加速できるくらい。

さて、カバーの変形をどうするか・・なわけですが。(汗)

戻る