ウインカーのオレンジ化

RT40の1型と2型では、フロントウインカーがオレンジ色ではありません。
スモールランプと兼用で、ダブルフィラメントのクリア球に透明レンズが組み合わされています。

当時の保安基準ではOKだったとしても、現代の交通事情を考えると心配です。
他の車がウインカーと認識できずに突っ込んで来たら・・恐ろしいですね(汗)

というわけで、オレンジ色の電球を装着してみました!
※画像クリックで拡大します。
「いきなり電球装着の図」

カー用品店でも、なかなか売っていないダブルフィラメントのオレンジ球。
今回、名古屋のカインズホーム大高インター店で発見し捕獲して参りました。
天下のスタンレー製。純正の21/5Wに対して27/8Wと大きめの電力を消費します。
「点灯試験」

ウインカーレンズを装着する前に、スモールとウインカーの点灯を確認します。
あ、電球は点灯直後は熱いので気を付けてください。
「レンズ装着」

んー、なんか色味がイメージと違うなぁ。
現行車は、もっと黄色ぽくて明るいと思うのだが・・
「ピンクグレープフルーツの果肉の色?」

ちなみに、ウインカーの点滅が心持ち早くなった気がします。
おそらく、電流消費の増加分が効いているのでしょうね。

なんとなく、納得いかないっす。色といい、明るさといい。
LEDにしちゃおっかなぁ〜(^^ゞ

戻る