3気筒の2Rエンヂン



「プロローグ」
時は2007年秋、場所は舞鶴道。
中兵庫クラシックカーフェスティバルに参加したTeam杉浦自動車の面々は、
それぞれの愛車で反省会会場であるI氏宅を目指していた。
途中、I氏のカペラのアクセルが戻らなくなり、PAへ退避するという事態が起こった。
それは、これから起こるトラブルの伏線であったかも知れない・・・。


高速道路を降りたところで、症状は発覚した。
失火したように前後にしゃくるのである。
マフラーからは「ボッボッボッ」という脈動音。
そして、4番のプラグコードを抜いても回転の状態が変わらない・・

1〜3番シリンダは正常に燃えていることから、4番にのみ点火系のトラブルが疑われた。
しかしスペアのパーツは持っておらず、とりあえずキャブ調整をやってみる。。。変化なし。

アイドリングと、40〜60km/hの定速走行時のみ調子が悪い。
加速時・エンジンブレーキ使用時は違和感がない。

調子悪いながらもなんとか走り(京都の綾部から、奈良・三重を経由)なんとか家までたどり着く。

1.プラグに火花が飛んでいるか確認してみる。
−なんか弱いような気がするが、一応火花は飛んでいる。

2.デスビ・ポイント・ローター・プラグコード・プラグ・コイルを交換してみる。
−変化せず(汗)

ここまでが、自分でできることの限界。
あとは整備工場に投げることにする。

3.キャブレターを調整する。
液面が不安定だったので、フロートとニードルバルブを調整。

4.タペット調整をする。
バルブクリアランスが適正でないと、不調を来たすことがあるため。
・・結果は変わらず。

5.圧縮を測定する。
4つのシリンダとも8.5という値を指す。
基準値の11.0からは程遠いが、限度が8.0なので問題はなさそう・・

6.プラグの状態を見る。
プラグをエアブローして乾燥させると、調子が良くなる。
そして、エンジンを止めて再始動させるとまた元の状態に・・・(汗)
その時、プラグは濡れていた。

7.硬いオイルを試す。
圧縮が足りずに燃えない・・という仮説を立てる。
そこで、BPの「コース・クラシック(20W-60)」というオイルを試す。
クリアランスの広がってしまった旧車のために、油膜を厚くできるのだそうだ。
このオイル、問屋さんは4L缶を6個単位でしか卸してくれないそうで、自分はネット通販で買いました。
・・結果は失敗。

8.プラグをイリジウムに。
強力な火花を期待して、デンソーのイリジウム・タフVW20に交換してみる。

9.添加剤を試す。
圧縮が回復するという謳い文句の「レスポ・ワン」というのを試す。
どうやらトヨタ共販で買えるらしい。3800円。
結果は・・
冷間−NG。
温間−OK。

4月のイベントへは、この状態で参加することに決める。

ちなみに2RエンジンのO/Hをやってくれる工場はまだ残っており、概算見積もりで45万円也。
いつまでも調子の悪いエンジンで乗りたくないので、そのうちO/Hするかもね(^^;;

戻る