メーター照明が接触不良な件


今回は、接触不良になったメーター照明を直します。
原因は、電球の発熱。
明るさは損なわず発熱が少ない・・そんな改造になるはずでした。


※画像クリックで拡大します。
「ことの始まりは、これ」

とある休みの日、ふらりと出掛けたホームセンターで見つけてしまいました。
メーター照明と口金が一緒で、明るい電球です。
しかも、天下のスタンレー製。
いつだったか、3.4Wのを購入して付けて「暗いなぁ〜」と思いながら乗ってましたが、これはその2.5倍のワット数です。
かなり期待できます。
「すげー明るい」

期待通りの明るさです!
「数分経過」

ありゃ、左右のが消えた(汗)

当初はただの接触不良と考えて、接点復活剤を吹き付けたり、端子を起こしたりしていました。
それでも・・ダメなんです。
始めは点灯しても、少し時間が経過すると消灯(汗)
部品取り車のブラケットを使ってみても、まったくダメ。
「触ると相当熱い」

熱でブラケットが溶けて変形していました・・(汗)

熱で変形するということは、元のソケットで8Wの電球を使うのはあきらめた方が良さそう。
かといって、元の暗い照明には戻れない・・!
電球の端子を基盤にハンダ付けしてやろうかとも思いましたが、電球交換の時に面倒です。

というわけで、発熱しないよう、LEDに改造することにしました。
元来私はLEDより電球が好きなのですが、、あの明るさが忘れられなかったのです(^^;;
「部品をゲット」

名古屋・大須のタケイムセンで買ってきました。
左から、白色LED(照射角60度)・口金・抵抗(180Ω)です。
「いきなり完成写真」

LEDを3個と、抵抗1個を直列につなぎ、口金にハンダ付けします。
形が定まったら、隙間にボンド(セメダインスーパーX2を愛用してます)を流し込んで、通電・点灯試験も行いました。

写真は、それをRTのメーター用ブラケットにはめたところです。
あ、そうだ ※注意
LEDには極性があります。足の長い方をプラス側(口金の底の電極側)に持ってきます。


「メーター裏の基板」

実際はここまで外さなくても、裏側に手を突っ込めば届きます。
参考のためにスペアのメーターを撮影してみました。
赤丸で示した個所の電球が、夜間照明です。
この3個所をいじることに。
「極性」

LEDは、逆に繋ぐと点灯しません。

パターンをたどって行き、メーター本体にネジでとまっている(アースしている)方の極がマイナスです。

※まぁ間違えたらソケットを180度回してハメなおせばいいだけですが・・(笑)
「写真にはウソがいっぱい」

きれいに写ってますが、LEDの特性から配光がうまくいってない部分もあり・・(汗)

ま、そのうち作り直すとしますか(^^;;;

戻る