デフの歯が落ちた!?ので


平成23年10月某日、名神高速 春日井インター付近を走行中に事件は起きました。

「ゴキン! カンカンカンカンカンガンガンガンガン・・」

インターの数十メートル手前だったため、すぐにハンドルを左に切って降りました。

最初、バーストでもしたのかと思いましたが、見ると正常。

とりあえずJAFのトラックに載って名古屋トヨペット春日井店さんへ・・。
そこでデフがイカれたことが判明(^^;;;;;
リフトアップし、プロペラシャフトと片輪を固定。もう片輪を回してみると、180度くらい回ってしまいます(爆)

部品取り車からホーシングごと移植して修理したので、報告します。

※画像クリックで拡大します
「刈谷東浦店へ」

いつもお世話になっている営業所へ運びます。

陸送屋さんは、長年自動車保険のアジャスターをされていて、定年後にこの仕事に就かれたそうです。
道中、面白い話を色々と聞かせて頂きました(^^)

ちなみにコロナは輸送中、他の車より揺れてたらしい。
バネが柔らかいのかショックが抜けてるのかは不明(笑)

運び終わったら、今度は某山奥のヤードへ部品を取りに行きます。

「ドナーはこれ!」

RT50です!・・って凄い状態ですが(笑)
過去に、お釜掘られた車にボデーを提供したことがあるのです(^^;;

「ホーシング!」

このホーシング、実は昔、他の部品取り車に付いていた物です。
過去にDK号を修理したとき、色々シャッフルされてココに行き着いたわけですねぇ(笑)
「付いている、というか」

「引っ掛かってる」と言った方が正しいか。

ワタシは自他共に認めるズボラな性格でして、どうせ乗らない車だからと、かなり適当に装着したんですねぇ〜
ナットは本来ダブルのところシングルで、しかも手で緩みました(爆)
「取り外しは3分で終了」

既に、1600GT乗りの友人が作業してくれてます。
ですが速攻で終わってしまいました。だって・・
「何も付いてないから」

ペラシャもブレーキ関係の部品も、最初から付いてません(笑)

この後、隣の1600GTのインパネをバラしましたが本当に外しにくかった・・
かなりアクロバチックな姿勢で、顔面にチョコフレーク(錆の粉)を浴びながらの作業となりました。
これが楽しいのだから、我々は変態と言えます(←何をいまさら)

この日はその他、
「2人でホーシングをトヨペットさんへ運ぶ」
 ↓
「ヴィッツのインパネをバラしてるクラブメンバーを訪問(して冷やかす)」
 ↓
「アップガレージで一本299円のトヨタ純正ブレーキフルード(1L)を2本づつ買う」
などして充実した一日でした!!(^^)



そして後日、完成したRTを引取りに行きました。

「御役御免のホーシング」

オイルやらアンダーコートやらでコテコテですね。
どうも、デフオイルが漏れて今回の故障に至ったかも知れない・・とのことでした。

何に使えるか分からないので、とりあえず保管することにしました(^^;;
「復活〜!!」

イベントに間に合うよう、2日でやって頂きました・・すいませんです。


故障した後日、言われました。
「車輪ロックしなくて良かったねぇ〜」
・・確かに。想像するだに恐ろしいですね・・。


戻る