DK号 再塗装計画


4年前に、ホルツの缶スプレーで再塗装したDK号。
屋外でカバーをかけて保管しているため、ボデーと擦れるんです。
で、カバーの色が転写されて灰色のまだら模様になってしまう・・。

しかも、結構いい加減な塗り方してます(笑)
塗料のタレとか、そのままにしてたり(^^;;
(ミーティング等で実物を見られた方は分かると思いますが・・(汗)

なので、部分的に塗りなおしたいな〜なんて思うことがあるんです。
この車は、トヨタの033という昭和50年代の白が塗ってあります。
ところが最近、用品店の店頭から033のスプレーが姿を消してしまったようなんです。
もっと高年式車の色で塗っておけば良かった、と後悔したのでした。

・・・で、ですね。
トヨタのスーパーホワイト2(040)にしちゃおっかなーなんて考えてます。
昔からあって、現行車にも使われているポピュラーな色ですからね!(^^)
今度は前回のようにいい加減じゃなくて、下地処理をしっかりして塗装面にも気を使って。
会社のサークルでパブリカをレストアしたとき、職人さんから沢山のことを教えて頂きました。
経験も積んで、今度はうまくいきそうな気がしてます。

「写真ではきれいに見えるけど」

でも、この撮影後に磨いたら結構取れました。
とりあえず、4/24の第6回アローライン&オールドコロナミーティングにはこの状態で出します。

塗ったあかつきには、カバーを掛けなくても良い(=屋根つき駐車場)が必要、となればマイホームか。
あ、その前に嫁さん探さないと(爆)


2011/4/24のアローライン&オールドコロナミーティングまで、一週間を切りました!
当日の飛び入り参加もOKなので、奮ってご参加ください〜(^^)/

戻る