愛5号 エンジン載せ替え(1) 〜部品取り車運搬編〜


愛5号のエンジンの調子が悪いのです。
具体的な不調は、ガラガラ音と異常振動。
原因箇所を特定するには、エンジンを本格的にバラさなくてはなりません。
しかし、バラしてみたところで部品の供給は怪しいし・・・。

以前に解体屋さんから購入したハードトップは実走5万キロで、エンジンの調子も良さそうなので積み替えることにしました!!


※画像クリックで拡大します
「積車で出発!」

目指すは、ドナーがある山奥のヤードです!
「すんばらしい退廃美」

草ヒロ養生中です!

実は当初、エンジンだけこの場所で降ろして工場へ運ぼうとしてたんですが、足場が悪いのと機材の搬入も大変そうだったので車体丸ごと運ぶことにしたんです(^^;;
モータース屋さんのご厚意に感謝(^^)
「リヤアクスル」

これは以前、愛5号に付いてたホーシングです。
この後、付近に転がってたU字ボルトを探し出して、固定しました。
「フロントアクスル」

ハブベアリングを他車に供出したため、そのままではドラムがズッポ抜けです(汗)
さらに他の車から部品を移植して復活させました(笑)

ジャッキアップしたら、メリ込んでしまった(笑)
「無事に積載」

妙に白くなってるのは、逆光でハレーション起こしてるからです。
RT50の精が降臨してるわけではない(笑)

この後ワインディングと高速を走り、お世話になってる刈谷のモータース屋さんへ運びました!!

これから、工場の片隅を借りて載せ代えるぜぇ〜
ワイルドだろぉ〜? (は?)

次回は、下準備として補記類を外します。
そーいや肝心のエンジンの写真、撮ってねぇな(笑)

「そして土岐へ移動」

土岐にできた、旧車博物館を見学しました!(オープン初日)
喋るのと見るのに夢中で写真撮ってませんが、なかなか面白かったので足を運ばれてはどうでしょうか?(要事前連絡)
「一粒で二度おいしい」

道中購入した、大同の清涼飲料水。

炭酸なのに振れとな??

振った直後に開封すると、もれなく溢れます(笑)
10秒くらい待った方がいいかもね(:-D)

この日は遅くなったので一泊し、翌日はCR50Gタウンエースノアをいじって遊びましたとさ。
自分は中華製のキーレス(3000円くらい?)の取り付けを担当しましたが、アンサーバックが
純正のフラッシャリレーと喧嘩したので(笑)
1日あけて再挑戦予定っす。(^^)


戻る