愛5号 エンジン載せ替え(7) 〜ブロック内部鑑賞→清掃〜


今日も、エンジンをいじります。

いつになったら、愛5号が登場するのか。
実は私も分からない(爆)

※画像クリックで拡大します
「いきなり横倒し」

2人がかりで、よっこらせ!
「オイルパン!」

これを外して、内部を鑑賞・・いや清掃します。
「外れた」

艱難辛苦のすえ、オイルパンが分離しました!

底に溜まったドロドロの堆積物がエグい・・orz
「内部」

きれいだね〜

いや汚いけど、きれいだね〜
「動作の様子〜♪」

手で回していただき、動く様子を観察です!

いやぁ、いかにもメカニカルでたまりませんなぁ。

逆に回ってることなんて、言われなきゃ誰も気付かない。
「なんだこの数字は??」

シリンダブロックの内側にありました。
金型の番号じゃないか?とのことでしたが、実際は??
識者の方、ご教授ください。<(_ _)>
「なんだこの記号は??」

Qトテ?
Gトテ??
「内部を清掃」

ブラシwith灯油で、ゴシゴシ〜♪

ブレーキクリーナで洗い流したら、即座に乾燥しました!
「オイルパンを清掃」

ヘドロ状堆積物をふき取り、ブラシと灯油で洗いました。

灯油専用の洗浄台があって、ことはテキパキ進みました。
「裏側というか、表側というか」

表面は泥とオイルで、油粘土状態でした。
とりあえず落としてから、サビの部分のみグラインダーにカップブラシを付けて削りました。

どこかにヒットしたのか、小さな凹みの修正をしてもらいました♪

表面が濡れているのは、結露です。
雨の日に作業したため、ブレーキクリーナーで冷えすぎて(笑)
この後ヒートガンで乾かしたら、ドレンから煙か湯気か分からんものが噴出(^^;;
「黒く塗りたいんだ」

オキツモブランドの耐熱塗料。
600℃まで耐えられる性能があります。

半田市のヤマグチさんで購入。
「エンジン塗るのに、耐熱塗料ください〜」

シンナー込みでも、スプレーのを買うよりお得でした(^^)
「ハケ塗り」

シンナーなしの原液で塗ってみたら、ネバすぎて表面がどえらいことに・・(汗)
乾燥も速すぎるので、少しシンナー混ぜたほうがいいかも。

乾燥後は、ツヤ消しになります。
2回塗って、良しとしました。

※この塗料、マジックインキのような刺激的なかほりです。
「装着してみた」

オイルパンガスケットは、両面に液体パッキンを塗って再使用してみました。
レッツ人柱!!

ボルトが妙にきれいで浮いてます(笑)
塗装がムラムラだな・・シンナー混ぜりゃ良かった。


戻る