2015/11/17

へたったシート (直せない→交換)




愛5のRTは、長距離ドライブもこなします。
お台場の旧車天国や、ニューイヤーミーティングにも自走で参加しています。

でも問題があるんです。
お尻が痛くなるという問題(^^;;
シートがへたっているんです。
他の方のRTに乗ってみてよーく分かりました。
うちのシートは、せんべい布団のようにペタペタなんだと(笑)

しかも外側だけはコシが残っているため、体が傾きます。
だから痛くなるのは右側だけ(^^;;

あまりに酷いので、直そうと思い何人か識者の意見を聞きました。
張替えれば一番いいんですが、、高いですね。
ウレタンも表皮も交換になるので(汗)

他には、底のウレタンとS字ばねの間に雑誌(ジャンプとか)を挟むといいよ!という意見も(笑)
これはいつか試してみようと思っています。

今回はてっとり早く、別のシートを取り付けてみます。
でも実は一筋縄ではいきませんよぉ〜


「駄目なシート」

もうね、座る前からぺったんこなのが分かります。

実は横から針金が飛び出したりと、なかなか愉快なことになっています。
「リヤシートは少しまし」

リヤシートの座り心地は、そんなに悪くないんですけどね。
「今回使うシート」

セパレートなのが惜しいですが、ちょっとオレンジ掛かったビニールレザー製です。


よく、
「当時こんな色のシートあったかや?」
と聞かれるんですが、あるんです。
純正です。

あーでも座面ほつれてます・・
「リヤ」

リヤは少し汚れているだけで、申し分ありません。
「並べてみました」

セパレートシートはビニールレザーです。
縫い目の模様も違います。
この縫い目からほつれるんだよなぁ。
「軽トラにも余裕で載ります」

外したシートは今回はもう使わないので、運び出します。
安全自動車さんの代車で置き場へ。

金属棒を曲げる道具も写ってますが、これは社長のです。
積みっぱなしだけど・・まいっか!
「道中の写真」

不法投棄に行くわけじゃないです(^^;;

トラックの運転席から積み荷の車や部品を撮るのがマイブームなんです(?)

実はワタクシ、大型免許も持ってます。(←関係ないか)
「さて、付けますか」

シートの色が変わる場合、一緒に交換するのは、
・ドア内張り
・リヤホイルハウスのカバー
・リヤガラスの下の内張り
です。
「ブラケットが必要です」

ベンチシートとセパレートシートでは、取付けが違います。
シートだけあっても移植できません。

セパレートでは車体内側(ホイルハウスの横)のリヤにブラケットが必要で、しかもそれをフロアに固定するためボルト穴を開けねばなりません。

車をリフトアップすると、裏側に穴の開いた突起が4つあるので、そこが取付け位置です。
「内張りも付きました」

とりあえず完成です。

ボデー色が深緑なので、茶色のシートもお洒落かな、と予想していました。

MGとかだともう少し落ち着いた茶色かな?

大体満足いく結果になりました!
大体でいいんですよ、大体で。
「側面から見るとこんな感じです」

もう少し内装が見えるといいんですけどね。

RT40のドア腰下って、結構高さあるのね・・。
「内張りも付きました」

いい感じに仕上がったと思います。
当初のシートを張り替える話はどこへやら、こっちが気に入ったので使おうと思います。
総工費ゼロ円でした。



戻る