顔を移植(2)




続編です。
アルミ部品はひと段落して、今度はランプの台座をやります。

「ライトの台座です」

奥の方なんて、目も当てられないチョコフレークです。
「サンポールへどぼん」

3リッター入りのサンポール2本を、約8リッターの水で希釈しました。
写真は漬けてすぐですが、液面から出ている部分は金属光沢を放ち始めています。
「3日3晩漬け置きました」

キレイになりました!大体は。(^^;;

ちなみにサンポールから出したら、すぐにマジックリンで中和しないとまた錆び始めます。
写真のとおり、実際錆が浮きました(笑)
「塗装!!」

ホームセンターで198円のスプレーで塗りました。
艶消しの物を選びましたが、あまりボテボテに塗るとツヤありになってしまうみたいです(笑)
「東芝製みたいです」

この部品全体丸ごと、東芝から買ってたみたいですね。
昔のロゴが、またいい感じですなぁ!!
「部品の過去歴が分かる」

残ったボコボコが、元のサビの酷さを物語っております。

パテで埋めて成型したろみゃーかと思いましたが、その考えは2秒で消えました
何故かって?組付けたら見えなくなるから(^^;;
それに黒く塗っただけでも意外と格好いい気がして、満足しちゃったのですよ。


ということで、いよいよ移植作業に移るわけですが!?


「ライトベゼルだけ置いてみた」

元のベゼル(写真下)を外し、磨いた物を仮置きしてみました。


でもさぁ、、これ汚いわ。
写真では分かりづらいけど、なんか黒ずんでる。


このままじゃ付けれない。
う〜む。




戻る