スタンレーの2端子ハザードリレー



業界用語で「よんぱか」
これは、ハザードのことです。
昔の車には、これが装備されていないものも多々あり、社外品が後付けユニットとして幾つも販売されていました。
今回は、そんな中の1つを紹介したいと思います。

それはこれ!!
「スタンレー電気株式会社製」

スタンレーハザードフラッシャーリレーFL-012
もしかして24V用はFL-024だったのでしょうか。

これ、旧型の缶のリレーですね。

Do it yourself
でもこれは・・ちょっとお世辞にも・・(←言い過ぎ)

怪しいのは、裏なんですよ、裏の説明書。

「超適当(1)」

まず、絵と現物があっていません。
下の写真も併せてご覧ください。
「考察」

絵とは端子の配置が左右逆です。
なので裏面の説明に従うと「アダプターコードシングル」をご利用ください、となる。
確かに「アダプターコードシングル」は付属されていますが、1本しかありません。接続端子は2つあるのに。
間違えて左右逆に描いちゃった感が否めません。

その下には配線図(配線要領?)が載っていますが、これがまた極悪。
この通りに配線すると、正常に動作しないどころか、元々のウインカーまで誤作動させてしまいます。

「超適当(2)」

先ほどの「アダプターコードシングル」の他に「アダプターコードダブル」も付属しているので、そこまではいい。
パイロットランプというのはメーターのインジケーターだと思うのでどうせ車体の中で繋がっているから繋がなくていい。

でもこれ、「よんぱか」なので左右のウインカーに繋がねばなりません。
それが表現されていません。
それは2つ下の写真で。
「訂正(2-1)」

まず電源。
常時電源にヒューズとスイッチを追加する必要があります。
ヒューズは、どこかがショートしたときに必要だし、スイッチがないと24時間フル稼働になってしまいます。
「訂正(2-2)」

次にウインカーへの配線。
右と左のウインカーを同じところから分岐して繋ぐと、電流が回り込んで誤作動します。
なのでスイッチを入れて回避。


で、この3つのスイッチを連動させるとめでたく動作するわけです。


※リレーに極性はないので、青と黄色の配線は反対に繋いでも問題ありません。
「まとめたスイッチ」

そのまとめたスイッチというのが、これ。
3回路同時に開閉できます。
ただ、そういうスイッチは見つけるのが大変ですね。
秋月電子や千石電商の通販を見てみましたが、ありませんでした。

なので・・・
「リレー3連装」

スイッチ部の配線を、リレーに置き換えるとこうなります。
このまま真似すればハザードは装着可能です。

左のスイッチをONにすると、3つのリレー(スイッチ)が連動してONになるわけです。

青と黄色は、先ほどの絵のスイッチと対応しています。
カー用品店やホームセンターに売っているエーモンのリレーでも十分可能です。

なお、このスイッチは真似すれば友人知己にウケること間違いなし。

リレー1個のためにさらに3個リレーを追加するというシュールレアリズムがここにあります。
回路図を書こうと思いましたが、面倒なのでやめました。
多分写真の方が分かりやすいっすよね??


私もですか?んなこたぁーない(タモリ風に)



ところで、こうなってくるとウインカーとハザードのリレーを共用にしたいと考えられる向きもあると思いますが、
このリレーでは無理です。純正装着されているリレーも、電流容量的に対応していません。

「今回品はウインカーには使えません」

内部のスイッチ接点にバイメタルというものが使われていて、ニクロム線に電流が流れると加熱され反って、接点が離れる仕組みです。
ウインカー動作=バルブの数が少ない=電流が少ない
なのでニクロム線の加熱が十分に行えないはずです。

なので、ウインカーリレーとして使うように設計されていません。
繋いでもウインカーが遅くなったり、つきっぱなしになったりすると思われます。


戻る