「よんぱか」の話

「よんぱか」って何? と思われた方もいらっしゃるでしょう。
ハザードのことです。
大学時代、研究室の先輩が引越し屋のバイトをした際に、
社員のおっちゃんが「よんぱかつけといて!」と言ったそうな。
隅のウインカーがパカパカと点滅するから、このネーミング??

さて、我らがRT40には、そのよんぱか機能がありません。
当時の保安基準では、装備しなくて良かったのでしょう。
しかし、例えば渋滞の最後尾で、あるいは路上エンコした際の強い味方になること受け合い。
あった方がいいので装着することにしました。

さて、装着前のノーマル状態では、ウインカーは下図のように配線されています。
見にくい回路図ですいません。
これにハザードの配線を追加していきます。(以降の図ではウインカーリレーは省略)

よくヤフオクで見掛けるハザードユニットは、ウインカー用とは別のフラッシャリレーを
割り込ませることで実現しています。
この装置の肝はスイッチにあり、3回路同時に開閉できるものが使われています。(下図参照)
「フラッシャーからバルブへのスイッチは要らないんでは?」と思ったあなた、よ〜く考えてみて下さい。
左と右のウインカーバルブが繋がってしまうと・・!? ウインカーを右にしようが左にしようが、
両方同時点滅してしまいますね。(^^;;

また最近の車も、フラッシャリレーの数が1個になるだけで、似たようなスイッチが使われています。



また、下図のような方式も考えられます。
スイッチの代わりに、ダイオードを使用するのです。
ダイオードは2個入り(3端子)の物が使えますね。
まぁ、好みの問題ですね。(^^;;

「フラッシャーリレー、1個にできるんじゃない?」というツッコミが入りそうですが、
これはこれで理由があります。
1.ノーマルの遅いウインカーが気に入っていること。
2.ノーマルのフラッシャリレーが8灯同時点滅に耐えられるか不明なこと。
3.ハザードは現行車なみに速く点滅させたいこと。


「製作編」

今回は部品調達の関係で、前者の方式を採用します。

「・・・確かフラッシャーリレー持ってたよな〜」と思い探した結果、発見されたのがこれ。
FFコロナから外した物です。世界のデンソー製。
ご丁寧に、端子脇に[B][L][E]の表示がしてあるので使いやすいです。

続いてスイッチです。3回路同時に開閉できます。大須の電気街で購入。
ちょっと大柄ですが、この方が配線も操作もしやすいのでマルです。

で、これらをどう配線するかというと・・・・
なんだか汚い図になってしまいましたな・・・(^^;;
あ、図に書き忘れましたが、常時電源にヒューズを忘れないでくださいね。私は15Aの物を使います。



さて、車上作業開始です。まずバッテリーの端子をどちらか外します。
常時電源をどこから取るかですが、私はヒューズボックスから取ることにしました。
ホーン用ヒューズの下側にあるネジを緩め、配線を噛ませます。
そして、バルクヘッドのグロメットの隙間から室内に引き込みました。

次にウインカの配線です。
サイドマーカーのギボシ端子のところまで、延々と線を引っ張りました。
本来、こんな所まで配線を引っ張らなくても、運転席にハーネスはあります。
なぜそこで繋がないのか??ちゃんと理由があります。
「だって純正ハーネスに傷を付けたくないから。」
ギボシ端子を外して、間に分岐ケーブルをはさめば傷付けなくてすむじゃーないですか??(笑)
ホームセンターのカー用品コーナーでちょうどギボシ用の分岐ケーブルを見つけたので購入。
こういう比較的大電流を扱う配線でエレクトロタップを使用するのは、私的にはNG。
配線焼けるかもしれません(笑) しっかり確実に接続したいですね。

スイッチは、ここに装着。
ブラケットは、ホームセンターのカー用品コーナーで見つけたエーモン製がぴったりでした。
ナショナル・ビーム・アイの留め具と共締めにしました。
ここ以外だと、サイドブレーキの上辺りのネジもいけそうでしたが固くて回らず(笑)


「動作編」


ヒューズが飛ぶとか、火花が出るとかいうこともなくあっさり動作してくれました。
ハザードの周期だけ現行車と同じになりました。
ハザードの周期が現行車並みに早いため、その後にウインカーを動かしてみると、
ただでさえ遅いのが一層遅く感じられます(笑)


ちなみにいじわる試験じゃないですが、ハザードとウインカーを同時に作動させてみました。
周期がばらばらなので異常点滅すると思ったのですが・・・
なんと、ハザード側の周期で点滅しました。
フラッシャーリレー(元々の装着品)内部の動作が、何か変わる模様。
ちょっとこわいので、同時には使わないことにしましょう・・(笑)
戻る